通信制限がかかった時のオタクの話。

寝転びながらスマホをいじる女性

初めに、私は二次元、バンドとアニメオタクとバンギャと完全なるオタク気質の人間だ。

 

 

なくてはならない存在であるスマホ。

 

 

年末年始、私は貴重な休みを利用して、朝から晩までネット配信されているアニメ視聴と大好きなバンドのネット配信ライブにと謳歌する予定で完全に浮かれきっていた。

 

 

勘の良い方ならもうお気付きかもしれない。

 

 

私はこのご時世もあり、仕事が休みの度にこのような生活を送っていたのだ。それはもう我が家のポケットWi-Fiは大活躍である。

 

 

そして、年末にまさかの悲劇に襲われた。

 

 

その日も、私は最近お気に入りであるアニメの続きを視聴しようと朝からご機嫌だった。

 

 

ちょっと値の張るコーヒーなんか淹れて、楽しむ気満々である。

 

 

さぁ今日は一日中アニメ三昧だ。

 

 

ヘビーユーザーとなった配信サイトを開く。

 

 

そこで、異変に初めて気付いた。

 

 

 

 

……動画のサムネイルの表示が遅い。

 

 

 

 

普段ならタイムラグもなく、さっと表示されるサムネイルが一昔前のネット回線のように途切れながら一つずつ表れているのだ。

 

 

試しに適当に動画を再生しようとしても画面はずっとクルクルしたまま。

 

 

スマホやポケットWi-Fiを再起動させても一向にその現象は収まらない。

 

 

まさかと思い、契約しているポケットWi-Fiのマイページにアクセスした。この間もネット回線は遅く、イライラしたのは言うまでもない。

 

 

そして、一番恐れていたことが起こっていた。

 

 

 

通信制限がかかっている。

 

 

 

連日の動画視聴で、契約しているポケットWi-Fiの通信制限の対象になってしまったのだ。

 

 

オタクにとって通信速度はほぼ命と同然である。動画、SNSで推しが見れない人生なんてあり得ない。

 

 

 

悲しいことに、私は貴重な休日を通信制限のかかったスマホと一緒に過ごす羽目となった。

 

 

それはもう、この世の終わりかと思うくらいしんどかった。二度と経験したくない。

 

 

動画は数分に一度、画面がくるくる止まる、SNSはアップされた写真が一向に表示されない。

 

 

通信制限なだけで、人生が真っ暗になった。

 

 

やはりオタクには、快適なネット環境は必須である。

TOPへ