貧乏あるある

貧乏あるある

 

以前はSoftBankを利用していました。

 

 

1台あたりの平均は月10,000円以上。

 

 

どちらかと言えば貧乏(普通に貧乏です。年収400万円なんていかない)より… 

 

 

子供が高校に入るときにしょうがなくもう一台スマホを契約。

 

 

かみさんのもあるので計3台。

 

 

単純計算だとその時点で30,000円以上になることが確定してしまう。

 

 

何年も月20,000円以上を払い続けていたので、それだけでもつらかった。

 

 

なので、思い切って格安スマホ(Yモバイル)に変更。

 

 

同じ系列なので移行が簡単ということも理由の一つ。

 

 

これで3台で約月に10,000円強で済むようになった。

 

 

ここからが問題である。

 

 

スマホは一番安いものを選択したので(子供はiPhone)そもそも通信系が遅いような気はしていた。

 

 

店員さんに聞いても特に違いはないと言われるのだが… 明らかに通信速度は遅くなっているような気がした。

 

 

SoftBankのスマホの時も鉄筋コンクリートの建物や部屋の中(特に狭い空間のトイレなど)だと通信環境(電波)が届きにくくはなっていた。

 

 

それが、Yモバイルの安いスマホになると通信速度が遅くなる以上につながらなくなることが多くなった。

 

 

絶対に電波が弱い。

 

 

貧乏な家庭ではギガ数はたいていが2・3ギガの契約になると思う。

 

 

そうなるとほとんど使えない。

 

 

動画なんて滅相もない。

 

 

下手したら一日でギガがなくなってしまう。

 

 

通信環境とスマホ自体の能力が悪いせいで電波を一生懸命に受けようとしているだけで時間がかかってしまう。

 

 

電池の持ちも悪くなるし、無駄にギガをくっているような気さえする。

 

 

なので、家で使うときはなるべく窓際に行って使用する。

 

 

つながらない時は寒くても窓を開けてスマホを外に向けて電波を拾う。

 

 

普段もギガを節約するためにWiFiの繋がるお店には寄らせてもらう。

 

 

お店の中でも使わせてもらう。

 

 

そして、買い物後車の中でもWiFiを利用する。

 

 

Yモバイルになってから外に行くとWiFiが届かない(つながらない)ことが増えた… 

 

 

絶対に速度制限をしているはずだ!

 

 

格安スマホは電波の強いところまで寄っていかないとまともに使えない。と思う。

TOPへ