うちのポケットワイファイがやたらと接続が切れてストレスに感じる

金欠な女性

 

私はちょっと障害があって、現在グループホームで暮らしています。

 

他の入居者の中に、時間や規則に非常にルーズな入居者がおり、彼のせいでホーム備え付けの光回線が時間制限をかけられてしまうようになってしまいました。
私は今まで、時間に関係なく思い立った時や必要となったときにはいつでも、クラウドソーシングでのタスクやSNSでのやりとり、動画視聴といったことに、インターネットを使用していたのですが、それが使用できる時間が決められてしまったため、大変不便を強いられるようになりました。

 

そういう事で回線がつながらない時間帯の間、ポケットワイファイを利用することにしました。
そのポケットワイファイですが、光回線と比べてやはり、接続に難があり、特にパソコンでの使用は、幾度となく勝手に接続が切れてしまうことが頻繁にあります。

 

そのため、せっかく書き込んだSNSでのメッセージが送ることができず、メッセージごと消えてしまってまた一から書き直したり、クラウドソーシングでのアンケートのタスクで、回答途中に切断されてしまい、回答できなくなって高額の報酬が全てパーになってしまったりするなど、日常でのネット使用に多大な影響を及ぼして、非常にストレスを感じております

 

ポケットワイファイですので、外出時でも動画閲覧や大きな容量のデータのやり取りが必要になった際には、非常に便利で助かるのですが、もともと電波の弱い場所や地下鉄の車内では、全くワイファイが機能せず、重要なデータをいざ確認しようと思っても電波が入らないために肝心のデータを確認することができなかった、ということもありました。

 

その中でもやはり一番痛いのは、ホーム備え付けの回線はいつでも無料だったのに、そのルーズな入居者のせいで、ポケットワイファイの利用料4,300円を余分に支払わなければならなくなったことです。
そのルーズな入居者に、支払わせてやりたいと、接続のストレスを感じるたびに思っています…

TOPへ