大手キャリアより格安simに変えて

スマホをもつ男性

普段より通信費用って生活費用の中でかなりの割合を締めていますよね。
私も当初はそうでしたが、ある方法で生活費をかなり抑えることができました。

 

どのような方法で抑えられたかを説明したいと思います。
私は昔から大手d社と携帯契約をしていましたが世の中にスマホが出回り始めた時にふと疑問に思いました。

 

他国ではスマホメーカーが機種を販売しているのになぜ日本は通信会社から機種を買わなくてはいけないのだろう。
そこで私はスマホ自体は海外で、simカードに関してはIIJMIO社がビックカメラにて販売しているBIG simを選択しました。

 

 

まず驚いたのはデータ通信費用です。

 

大手会社が約5000円程度請求してくるデータ通信費用が1000円程度の請求となります。
約、4000円程度の差があります。
この差としては使えるギガ数など若干条件は相違がありますが格安simを使用するだけでかなりお得感があります。

 

また、通話に関しては大手キャリアより通話代金が高いということが言えますが、そこまで長電話になることもないし、仕事以外の通話はほぼ、ライン等で話すことを考えると格安simの通話がそこまで高くなるということはあまり感じませんでした。

 

普段の料金を総合的に判断すると大手キャリアよりかなり割安感があり導入することにより非常に効果が出ると思います。

 

 

ただし、導入にあたっては少しだけ慎重にならなくてはいけません。
まずはsimの設定を全て自分でやらなくてはいけないことです。

 

キャリアからの乗り換えであればかなりの方がそのような設定はshopの方に頼んでいると思います。
APNの設定は慣れれば簡単だけどはじめての人は少し緊張するかもしれません。

 

ただ、設定の仕方やわからなければいインターネットで検索すればほぼ問題解決できるはずです。
実際に使用し始めるのsim開通!際や自分でなにか設定を変えたいときの対応は大手キャリアは実店舗を持っているので店に行けば問題解決できると思います。

 

ただし格安sim会社は実店舗がないスタイルが多く、ほぼコールセンター頼みとなりますので慣れていない方だと少し窮屈に感じるかもしれません。
まぁ、導入時期と機種変更した際の話なのでそう何回もそういう事案には遭遇しないと思うので頑張って乗り切れると思います。

 

総合的に判断すると格安simの方が料金を大幅に改善できるので私はオススメしたいと思います。

TOPへ