キャリアから格安SIMへ乗り換え メリットとデメリットは?

ワイファイ

高校生から今で言うガラケーを所有し始めて以来20年近くずっと同じ携帯電話会社と契約し続けてきました。

 

ガラケーを使い続けているうちは月日が経つごとに基本料金が安くなったり割引サービスが適用されたりでメリットがたくさんありましたが、スマホが主流になってからはパケット定額プランへの加入が必須の状態になり、毎月の携帯電話料金もガラケー時代からは大幅にアップしました。

 

割引サービスも他社から乗り換える人ばかりが優遇され、長期利用者には大きな還元がなかったことも不満要素の一つとなり、格安SIMに乗り換える決意をしました。

 

乗り換えるために必要な手続きについては、インターネットで検索すると詳細に掲載されているサイトがたくさんあり、非常に参考になりました。

 

 

プランは6ギガコースを選択し、通話はあまりしないものの全く使えないと不便なので通話ありのプランで申し込みましたが、月額料金は大手キャリア時代の三分の一程度で収まりました。

 

 

まず料金面に関してはメリットしかありません。

 

デメリットとしては、自宅でインターネット回線を契約していなかったためすべて4Gでの通信となり、一か月もしないうちに6ギガをすべて使ってしまい通信規制がかかりやすいことです。

 

もちろんもっとたくさん使えるプランに変えればいいのですが、料金を抑えることが第一だったため、家にインターネット回線を引き格安SIMのプランについては6ギガから500メガ契約に下げました。

 

プランを下げても料金は1000円程度しか変わらないのですが、家では通信量を気にせず使えるようになりストレスがなくなりました。

 

これから格安SIMを購入しようと考えている方は、とりあえず事前にインターネットで情報を収集しておくことをお勧めします。
特にSIM購入にかかる初期費用については、選択する手段によって大きく変わってくることがあります。

TOPへ